2008年04月26日

長男て

高校に入り部活を決めるにあたり
小三から始めたサッカーにするのか
小二から始めた空手にするのか黙って見ていました。

高校に入り学業も忙しいので
平日の練習も少ない空手部に入部を決めて来たのは数日前の事でした。

今までの殴りっこの空手と違い寸止めの空手で多少の戸惑いはあるでしょうが
部活としては良いのを選んだな〜と思っていました。

一緒に入部した一年生は3人と少なく
少ない理由を聞いてみると
レクリエーションで行った校歌や応援歌の指導をした先輩達(応援団員)が厳しかったらしく
その先輩達が空手部の部員だったため一年生は敬遠したらしいのです。

元々マイペースで不器用な長男ですから部活の選択肢はこの二つしかなかった訳で
少しでも楽が出来る様に空手を選んだ訳だったのですが
今日になって空手部員は応援団も兼務している事が判明しました。

レクリエーションの時間の事を良く考えてみれば分かった訳ですが。。。

本人はチョット後悔しているみたいです。(リサーチ不足)だけど本人の性格を考えると良い方向に進んだなと思いました。

マイペース=面倒くさがりで
友達から遊びの誘いがあっても自分がその日は「ダラダラする」と決めたら
お誘いの電話に向かって「ムリ!」と迷いなく言ってしまう息子を見て
親として「こいつ大丈夫か!?」といつも思ってました。

そんな息子が応援団員。

間違いなく良い方向に変化していくと思っています。
そしてきっと一生付き合える仲間がそこにいると勝手に思っています。

空手部員としての活躍はもちろんですが
今年の夏の高校野球地区予選
応援している息子を応援しに行くのが何だか楽しみです。
posted by ゆうじ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/94702374

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。