2008年11月07日

杉玉作り

11月5日、川場村にある永井酒造の杉玉(酒林)造りに行って来ました。
軒先に緑の杉玉を吊すことで新酒が出来たことを知らせます。
酒屋の場合は入荷しましたって事ですね。

数年前から毎年やっている酒関係者向けのイベントですが
参加したのは初めてです。

今年初参加した理由は「CHANGE」です。

さてさて
杉玉ですがネットで調べると作り方が出ています。
その作り方は針金で球状の芯を作ってそこに杉の葉を差し込んでいきますが
こっちの作り方は非常に簡単です。(と言っても写真に残しておきませんでしたが)

Uの字型した針金を2本用意してそれを重ねて"U"の字の下の部分をクルッとひねって一対にして
それを鉄パイプなどにぶら下げます。
一対になっている針金4本を適当に広げてその針金に適当に切った杉の葉をひたすら差し込んでいきます。

sugitama-1.jpg

初めての方はこの時みっちりすき間無く根気よくやらないと行けない事を最終段階に来て後悔します。
自分は根気よく出来ない事を思い出しました。

小中学校時代の写生大会はすぐに飽きた事を思い出しました。
木々の葉をキレイに塗れなかったな〜。
勉強でもそうでしたので先生に「やれば出来る子」とお約束の言葉もらった事を思い出しました。

みっちり詰めたら全体をクルクルっと回します。
すると更にギュッとなって杉の葉が固定されます。
それを形よくチョキチョキ球状に切って行けば出来上がりです。
sugitama-2.jpg

私の手際の悪さを見かねて工場長が手本を見せてくれました。
一方から見て丸くなっても角度を変えると不格好で結構難しいです。
葉がだら〜んとしているよりはチョット思い切り切って切り口が見えた方がいい感じです。
sugitama-3.jpg

どこか思い切りがない作品ですが小さくなるが嫌だったのでこの程度にしておきました。
どこかで踏ん切りを付けないとヤバい方向に行きそうだったので適当な所で切り上げました。

今日の地元紙で記事になってました。
記事になった人のすぐ隣で作業していましたが影さえ出てませんでした。
posted by ゆうじ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109202155

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。